食べたいを我慢せずに痩せる!

食欲って我慢できる?無理して食事制限をするとストレスだって溜まってしまう!? - ゼニカルとジェネリックとの関係は

ゼニカルとジェネリックとの関係は

あなたは、ジェネリック医薬品をご存じですか。ジェネリック医薬品とは、後発医薬品のことを言います。

薬の開発は膨大な時間とお金とデータがかかります。特許の期間もながいのですが、それがとけると今度はその製法を真似たりして、安い値段で正規の薬と同じ効果を発揮したりします。

ジェネリック医薬品を普及

ここ、10年でジェネリック医薬品も広く知られるようになりました。さらに国や自治体などでは、ジェネリック医薬品を使うことを広めようとしているのです。

というのもジェネリック医薬品となると、もとにかかった費用もすくないので、そのぶん薬代は下がるのが一般的です。分かりやすい例だと、バイアグラも一時期かなり話題になりましたが、1錠剤で千円以上となり、たくさんの個数をかえませんでした。しかし、タダラフィルというジェネリック医薬品だと、ほぼ同じ効果でなんと数百円以内というようにかなり費用を抑えられます。

その結果、個人輸入代行業者のサイトからジェネリック医薬品を買う人もふえています。

ゼニカルは、ジェネリック医薬品ではない

ゼニカルは正規の薬であり、ジェネリック医薬品ではありません。とはいえ、ジェネリック医薬品よりも効果も高くなり、もともとの効果も一番出やすいのは、ゼニカルというのです。

もしも費用をかけてもいいというのであれば、ゼニカルを使い続けるといいでしょう。もしも困るようであれば、似た効果や成分のジェネリック医薬品を選ぶといいでしょう。

使い分けをしよう

ゼニカルを飲んでみて長くなったときも、最初はゼニカルで体を慣れさせることもあります。それからジェネリック医薬品で油や脂肪カットもしてみるといいでしょう。

ぜひ、使い分けも考えるといいでしょう。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

アーカイブ